”戦い”に滅ぼされた”愛” -ちよちゃんの死と神谷先生の悲しみを考えるー

「ねぇ...覚えてる?春のあの日...。」 「えぇ、覚えているわ。」 致命傷を負った一人の少女が、その身に迫る死を悟りつつも、穏やかに走馬灯をみるように、友との思い出を振り返っている。 ミュージカル座の「ひめゆり」の中でも特に印象に残ったシー…

ミュージカル座「ひめゆり」を観て 

先日、ミュージカル座の「ひめゆり」を初めて観劇した。その内容は、題名から思い起こされるように、太平洋戦争下の沖縄における、ひめゆり学徒隊に関する作品である。初めて見る作品、そして何より戦争もの。ということで、観劇前の私の気はすごぶる重かっ…